月3万円暮らしトーク 循環型の暮らしから環境とゴミを考える

田川地区のゴミ焼却場とし尿処理場が1つにまとまることが決まりました。
その後、行政の動きを見つつ、活動自体は少しペースダウンをしているエコミュカルです。

エコミュカルの中には、環境やゴミのことについて語れるメンバーがたくさん居ます。
その中の一人、後藤彰さんに「月3万円で豊かな暮らし」ということをテーマにお話会をしていただくことに。
後藤さんは、赤村にて自然に根ざした循環型の暮らしを営んでいます。
ゴミも極端に少ない様子。
当日は、「ゴミをどう減らすか?」ということについても、お話いただく予定です。

0514イベントチラシ

ゴミと私たちの暮らしは切り離せません。少しちがった角度から、一緒に学んでみましょう。

お話会の後に座談会的な交流会の時間も設けます。
いずれもお気軽にご参加ください。
続きを読む

広告

原発講座の新聞記事

先日、エコミュカルと原発知っちょる会が協力して開催した「原発講座:そもそも原発ってどうなん?」
50名ほどの方に参加していただき、盛会でした。

原発もごみ処理も問題を解決していくには市民レベルの学びと協力が大切だと感じた一日でした。

西日本新聞さんの記事を共有します。

genpatsu_koza

ゴミフェス チラシ出来ました!

9/19に企画した「たがわゴミフェスティバル」通称ゴミフェス。

エコミュカルの専属デザイナー(?)となっているメンバーが素敵なチラシを仕上げてくれました。
「可愛い」「行きたくなる♪」「面白そ〜」などなど、エコミュカルの内部では好評!

「え〜、そう言ってもらえると嬉しいなぁ、この部分は手描きしたんですよ〜」「ほ〜さすがやね〜」なんて和やかなやり取り。

以下、ローマ字をクリックするとPDFファイルが開けます。
必要に応じて、印刷などしてください=ご自由に使ってください。

0919_omote
fes_omote

0919_ura
fes_ura

このチラシ、田川市郡の全ての自治体の広報誌に折り込んでいただくことになりました。
一昨日は、台風前に仕分け作業。

IMG_0122 IMG_0121

IMG_0120

10部ずつ、50部ずつに分ける作業を19000枚分ほどしました。
単調な作業もエコミュカルなメンバーが集まると楽しい場となります。
「やったぁ、50枚ビンゴ!」という声が聞こえてきます。
何のことかと思ったら、「このぐらいかな」と取ったチラシの束が数えてみたら50枚丁度だったとのこと。
「ふふふ、もうプロ級やね」「すごいね、これで稼げるかもね」
「いや〜、仕事としての需要はあまりないかと。。。」

とまあ、こんな感じで楽しく=コミュカルに作業をしています。
一昨日は総勢8名ほどでチラシと向き合いました。
やはり、人手があると早い早い。やりながら「こうしてみたら良いかも?」なんて発見もあって、楽しかったです。

最終的な挟み込みは各行政区などでされるようですが、たくさんの方の働きを経て、皆さんのお手元に届きます。
是非実物をご覧ください。

エコミュカルの手元にもチラシの余分があります。
必要な方は、ご連絡ください。
ecomucul_net★yahoo.co.jp
★は@に変更してくださいね。

エコミュカル的年末

   エコミュカルのメンバーが集ってやった餅つき。
なかなか素敵なお祭りでした。早くも「来年もやろう」という声が上がっています。
一夜明けて本日も晴れです。
おかげさまです。
3日間の年末ミニ食にん市@魚町が和やかに終わりました。
こんな形でするのは初めてでどんな風になるんだろうと想像つかない部分もありました。
終えてみて、訪れてくださったみなさん、出店者さんや、スタッフ的に関わって下さったみなさん、皆がいい顔で、楽しげで時には真剣なおしゃべりの輪があち こちに咲き、その場に関わるみんなの何かが合わさったあたたかいパワーの様なものが確かにあって…やれて良かった、と心から思いました。

IMG_1699 IMG_1701

初めての試み、ぶつぶつ交換、あなたの気持ちがめぐります 値段のないまかないらんち、どちらも良い体験でこれから形作っていきたいと思えるものでした。
エコミュカルによる餅つきも、世代や血のつながりや何かを超えた、家族の様なみんなの新しいカタチの祭だねと話しながら。その中で技術も引き継いでいけたら。

IMG_1712 IMG_1706

人が自分のあたたかい何かを差し出し合える、そんな3日間だった気がします。
この感覚を大切にしながら、来年も今に続いていけたらなぁと思います。
年の瀬に、感謝と愛をこめて。ありがとうございました。来年もたのしい暮らしと社会をともにつくって参りましょう!