日本のゴミ事情

今、田川市郡の中で「ゴミの広域処理」ということが少しずつ話題になってきています。
エコミュカルは「資源循環型広域化」ということが大切だと思っています。
単に、広域化を進めるのではなく、「そもそものゴミを減らすこと。資源として活用して循環させること。」これらの視点が重要になってきます。

今、メンバーの中でも「そもそも日本のゴミ事情ってどうなってるの?」ということに関して改めて情報を整理しているところです。

先日見つけたウェブサイトに、日本のゴミ事情が分かりやすくまとめてありました。

chikyumura

「5分でわかるごみ問題」
ぜひ、上記をクリックして5分程、時間を取って、記事を読んでみてください。
続きを読む

広告

川崎町も試算 広域の方が安い

先日、田川市がゴミの広域処理を行う方がコストが安いという試算を出した記事をアップしました。
続いて、川崎町も同様の試算をして、広域処理の方がコストが安いことを明示しています。

毎日新聞の記事を共有します。

0627_mnews_kawasaki

こういった数字的根拠が出てくるようになったことは、一歩前進と感じますね。
「きっとこうに違いない」という憶測や感覚で話をせずに、しっかりとデータを見ながら話を進めていきたいものです。もちろん、数字を鵜呑みにせず、しっかり検討する姿勢も大切だと感じています。